留袖をレンタルする人が増えている|既婚者用の礼服

女性

昔ながらの便利な和服

はんてん

その用途に合わせて

基本的には作業用の和服の上に羽織るものとして普及している半纏は、大工や植木屋などが仕事着として着用するタイプやとび職の防寒および火事場用として利用されるタイプ、かつて旅商人が合羽の代わりに利用したものなど、いろいろな種類が存在しています。もっとも現代で半纏といえば、そういった職人などの作業着の他にも、防寒用として庶民が利用するものが有名です。和服でなく洋服で過ごすことが普通になった現在でも、洋服の上に羽織れることから一般的に広まっており、ルームウェアとして愛用されています。それゆえにデザインなども豊富でおしゃれなものも登場しています。また冬場の寒さをしのぐためには、より裾の長いものが愛用される傾向が強く、女性でも男性用の半纏をゆったり着用するといったアレンジもされることなどもありますし、就寝の際には布団の上にかけることで毛布代わりになり、より暖かく眠ることが可能となります。

西洋風の生活では

昔から継続して愛用されている半纏ですが、現代社会では一般的に生活環境が西洋風に変化しています。それでも半纏は洋服の上に羽織ることも可能ですし、今でも現役で活躍しているアイテムですが、やはり生活環境の変化に伴い、洗濯機で洗えるタイプのものや、袖が窄まっているタイプのものなどがあります。專門の通販サイトも存在し、通販サイトでは子ども用から大人用まで揃っています。また、オリジナルデザインの半纏を作成出来るショップもあります。