留袖をレンタルする人が増えている|既婚者用の礼服

女性

江戸から続く日本の伝統

お神輿

種類の間違いに注意

和をイメージする衣装の中には、見た目が似ていて、日本人でも混同してしまうものもあります。その中のひとつが半纏で、江戸時代ごろから使われている歴史のある衣装です。綿入れのように防寒用として着用するタイプなど、半纏にはいくつかの種類があります。そのため、職場や地域行事など、まとめて注文を出すようなときには、オーダーする人の意向をしっかり把握しておく、という点に注意すると良いでしょう。グループなどの衣装としても利用する半纏ですが、法被と混同される場合もあるので、こちらも注意が必要です。両者の見分け方は襟の部分にあり、折り返っていないのが半纏で、折り返っているのが法被です。また、袖がないのも半纏ですが、これはちゃんちゃんこやポンチョと呼ばれています。

古くてもオシャレ

日本国内においては、日本ブームという一種の流行が定期的に見られます。そのような時には、再評価されたグッズにその時代の流行を取り入れ、まったく新しいものとして再登場する傾向です。例えば半纏であれば、刺繍やデザインで少し工夫するだけでも、古さをまったく感じさせない、オシャレな衣装として生まれ変わります。これは提供する側から見ればビジネスチャンスでもあり、発展も期待できることでしょう。半纏をビジネスの視点から見た場合、今後も需要が増加すると予測できます。また、和風のテイストは海外でも人気です。寿司がもっとも有名と言えますが、半纏のように実用的で日本を感じさせるものは魅力も高く、外国人観光客のお土産としても、今後のさらなる需要が見込まれます。