留袖をレンタルする人が増えている|既婚者用の礼服

レディー

既婚女性の礼装を手軽に

シニア女性

留袖とは、既婚女性の第一礼装とされる和服のことです。上半身に柄がなく、裾部分にのみ柄が入っているものをさします。最も格式が高いのが黒留袖とよばれる、地が真っ黒の物で、現代では結婚式で新郎新婦の母親や仲人女性、親族の既婚女性などが着用しています。地の色が黒以外のものを色留袖といい、既婚女性の礼装として主に着用されています。ですが、知っておくとよい情報として、現代では振袖を着るのは気後れがするというような高齢の未婚女性の礼装としても着用されています。特に色留袖などは、着用することも少なくありませんが、着物を自分で管理し保管するのは大変です。クリーニング代も高額ですし場所もとります。そのため、レンタルを利用する人がほとんどです。

レンタルが人気の理由には、大きく分けて二つあります。一つ目は、管理の手間が必要ないということです。着物の管理にはお金も手間も時間もかかり非常に大変です。クリーニングに出すにしても、着用後会場から着物を脱いでたたんで持ち帰るという手間があり、大変面倒です。ですが、レンタルならば着用後はそのまま返せばよいのでとても簡単で、持ち物も少なくなります。二つ目は保管が必要ないということです。着物は保管に場所をとりますし、防虫剤などの管理費もかかってきます。広い一軒家ならいいかもしれませんが、狭いアパートやマンションの場合、スペースをとられるのはなかなか大変です。レンタルならばそういった心配がありません。このような理由から、近年では留袖を着るときはレンタルが人気となっています。

着物の楽しみ

帯

和服は、現在通販を利用してよりリーズナブルに購入が出来ます。ある通販サイトの場合には、老舗の着物や帯を数多く取り扱っているのが特徴です。商品のバリエーションも豊富で、自宅でじっくりと商品選びが叶います。

もっと知ろう

昔ながらの便利な和服

はんてん

江戸時代あたりから現代まで、ずっと愛用され続けている半纏は、和服の一種ですがきっちりしたものではなく、庶民的な作業用のものや防寒用のものなどもあります。それゆえにその目的によって種類も異なり、いろいろと豊富なタイプが存在しています。

もっと知ろう

江戸から続く日本の伝統

お神輿

半纏には種類があり、それぞれに利用シーンが異なる点に注意が必要です。職場などでまとめて注文するような場合、オーダーを出した人の意向を把握しておくと良いでしょう。半纏はデザインを工夫すると、新しいファッションとしての魅力も出てきます。ビジネスの視点から見ても、今後の需要は増加すると予測されます。

もっと知ろう

イチオシサイト

  • Generation

    色々なサービスを用意しているので振袖を利用したいと考えているならサイトに記載されている情報を調べてみるといいでしょう。
  • 大阪神戸大進

    振袖は大阪にある専門店へ足を運んでみるといいでしょう。デザインに合わせた小物などもチョイスできちゃいますよ。